麻雀の基本ルール

ゲームの目的
ゲームの目的は、麻雀牌を集めて組み合わせをつくることです。プレイヤーは、順番に麻雀牌を捨てた後、山からターン牌を引きます。最終的に最も高いポイントの組み合わせ牌を作ることが出来た、プレイヤーが勝ちます。   

麻雀
麻雀セットには144枚の牌が入っています。萬子(マンズ/ワンズ)・筒子(ピンズ)・索子(ソウズ)は数牌です。数牌(シュウぱい、すうぱい)と呼ばれ、それぞれ一から九までの区別がある。字牌はさらに四風牌と三元牌とに分かれ、風牌は東西南北の4種、三元牌は白發中の3種である。以上の34種がそれぞれ4枚ずつ使われる。
なお、萬・筒・索の五を赤く塗った赤牌が常時ドラとして近年頻繁に使用されるほか、古典的なルールである花麻雀では、抜きドラとして花牌も使用される。

ゲームの流れ
プレイヤーは13枚のカードの手から始めます。各プレイヤーは、( – 南 – 西 – 北の東)風下に割り当てられています。その後、東から反時計回りに牌山からカードを引き始めます。その後、山からカードを引くカードの手から投げ取ります。いくつかのケースでは、他のプレイヤーのカードに投げることができます。この場合、選手カードの右側には、次のプレイヤーのターンになるために、ので、いくつかの選手はローテーションで機会を失う可能性があります。
プレイヤーは常に合計13枚の牌を持ち札として宣言します、(麻雀の役は14種類あります)
いくつかの役のなかには風という概念が存在する。ゲームは1から4の局から成り立ちそれぞれに風位がある。(東から始まる) 一局が終わるごとにプレイヤーは風位を変えることが出来る。((ルールによって例外はあるが)  例えば、東だったプレイやーが南になったり、南から西になったり、一圈では四家は一回ずつ親になる機会がある。全てのラウンドが終了すると風位が変わり、また新しいラウンドが開始する。風位はテーブルの中央に示される。

牌の要求

  • プレーヤーは、自分の左のプレイヤーに捨牌を要求し、(もしそのプレイヤーが次順の場合ですが)チョウ(3牌の組み合わせ)を宣言することができます。
  • プレーヤーは、他のプレイヤーの捨牌を要求し、カン(4つ揃う)やポン(3)つ揃う)を宣言することが出来ます。
  • おもちゃは、他のプレーヤーがカードを投げてカードを貼り付けることができます

もし複数のプレイヤーが捨牌を欲しい場合、以下順に優先権があります。

  • . もし複数のプレイヤーが捨牌を欲しい場合、以下順に優先権があります。
  • ポン&カン:
  • チョウ:
  • 俊/食べます:

もし2人のプレーヤーが同時に同じ牌で上がりたい時、最初に要求をした、打牌をしたプレーヤーの右に座る、プレーヤーが上がりとなります。

捨牌をとることが常に賢明だとは限りません。例えば、まだ開示されていない牌の方が、上がるためには価値があることも多いからです。

麻雀の役
麻雀ハンズ通常麻雀の役は、通常3枚または4枚の牌の組み合わせから成ります。 同種の同じ牌が3枚の組み合わせ(ポン) 同種の牌が3枚続いた組み合わせ(チー)同種の同じ牌の4枚の組み合わせ(カン)どの組み合わせも、上がる為の特別な数字の組み合わせがあり追加得点を得られるものもあります。 また、多くの組み合わせに、上がるために必要な条件が存在します。(下記を参照ください。)

スコア
役の得点は、2つの方法で計算されます。まず、ペアの組み合わせでポイントが加算されます。上がった際も、通常はポイントが加算されます。ゲームのルールによってはペアで加算されるポイントは異なります。
次に、ゲームのルールによって役パターンの分析は異なります。ファン(日本麻雀役と呼ばれる)は異なるパターンに加点がされます。ファンがミニポイントを倍増させ、その結果としてスコアが役のスコアとなります。
一部のルールでは、役のスコアは関係なく、ファンだけがカウントされるものもあります。

トーナメントスコア
テーブル得点は、各局が終わった際のプレイヤーのスコアによって加点されます。最も獲得点が高いプレーヤーは4テーブルポイントが得られます。次が2テーブルポイントそして最後から2番目のプレイヤーが1テーブルポイント貰うことが出来ます。

決済
ゲームが終了すると、ゲームはお金が参加者に配られます。テーブルゲーム情報ボックスに表示された決済テーブルにてステートメントを確認してください。以下の決済を使用します。

勝者はすべてのお金を取ります
あるゲームでは、最高得点のプレーヤーがすべての賞金を勝ち取ることができるものもあります。すべての参加者の掛け金の合計です。ペナルティも存在もする場合があります。 そして、勝ち牌をプレーヤーが捨ててしまった場合は追加で払うこととなり。 また、勝ち牌を持っていた場合は少なく済みます。 これはfeedingプレイヤーの数によって異なります。

ストレート日本麻雀のルールをスタンド
Riichi House Gameをのルール使う場合、プレイヤーはゲームの最後に持っている役のポイント数によぅ均等に分けられます。つまり、もし勝者がゲーム終了時70000ポイント保持している場合、残りの3プレーヤーがそれぞれ10000ポイント保持することになります。勝者が70%をゲットし、残りのプレイヤーが10%ということです。また、加えて交換ボーナスというのもあり、最も低いスコアのプレーヤーが、勝者に一定の金額を支払い、また3番目のプレーヤーが少量の金額を支払うことになります。

香港ルール
香港ゲームの決済と予選のボーナスを使用していない「ショップ規則」を使用するのと同様ストレートゲームを立ちます。

トーナメント
トーナメントでは、ポット(またはゲーム・オペレーターによって課金されたお金)は参加者で分けられます テーブルの得点によっては、トーナメントのために定められるプレーヤーと支払い構造で、加点されます。 支払いいの構造は通常参加者の数よって変わりに、トーナメント情報ボックスにてお知らせしております。

購入に注意してください
Buy inには、手数料と賭け金が含まれています。 ゲームの参加者が獲得した賭け金をポットに入れている場合、料金は元に戻ります。 基本的には、トーナメントには手数料がかかります。
テーブルへのBuy in は / として表示されます。最大損失は、賞金として得られる額と同額です、ゲームに参加する際にプレーヤーの口座から予約される金額です。 大抵は、最大金額を失うことはありません。 特にRiichi 東やフルゲームでは全額を失うことは非常にまれです。
1局のゲームにおいて、Buy in とペナルティ費用が、ゲームに参加する際、プレーヤーの口座から予約されています。  プレーヤーが勝ち牌を捨てた場合にのみ、予約の全額が失われます
私たちは、ゲームの決済ルールは買いノートプラス最大予選ボーナスを(該当する場合)に保存されている使用します。プレイヤーはゲーム終了時に最後のランク付けされた場合にのみ、予約すべてのお金を失うことになります。
等しい杭はバイインイベントプラスコスト。ゲームのコストは他のゲームのジャンルよりも一般的です。

規定

自摸(ツモ):壁牌(山)の所定の位置から牌を1枚取得することを自摸(ツモ)という。これにより取得した牌を自摸牌(ツモハイ)という。また、自摸を動詞化して自摸る(ツモる)ともいう。
打牌(だはい):自摸を行った後、所有する牌のうち1枚を手放す(捨てる)ことを打牌(だはい)という。このとき手放した牌を捨て牌という。打牌することを捨てるまたは切ると表現する。また、打牌の行為そのものを捨て牌と表現することもある。
栄和(ロンホー):自分の和了牌が他のプレイヤーによって打牌された時(河に捨てられた時)、これに対して和了を宣言することができる。このような方法による和了を栄和(ロンホー)と言う。一般的には「ロン和了」「ロンあがり」または単に「ロン」と呼ばれる。俗に「出上がり」「直撃」「直取り」とも。
和了(ホーラ、あがり)プレーヤーが牌を主張した場合、結果として完成した牌を見せなくてはならない。つまり、牌を表向きに開示する必要がある。 プレイヤーが手にカンを持っていて、そのまま使用したい場合も同様です。
隠された暗牌 見せていない牌のこと
手牌(テハイ:各プレイヤーの所有する牌のことをいう。たんに手と呼んだり、手の内と呼ぶこともある。
ポン:同牌3枚
カン:同牌4枚
チョウ:手牌の中に搭子が存在する場合、上家(左側のプレイヤー)の打牌を取得して順子を完成させることができる
役:特別な牌の組み合わせ 多くのルールで勝ち点となる
小ポイント:組み合わせやペアで得られるポイント
持ち点 : 最終的な持ち点や、役が出来た場合
壁:まだ取られていない牌
振聴他家の捨て牌でロンできない状態
立直(リーチ):聴牌(テンパイ)を宣言する行為、および、その宣言によって成立する役である。1翻。
聴牌(テンパイ):和了(アガリ)に必要な牌が残り1枚となった状態のこと