香港麻雀ルール

プレイのための13牌、麻雀のための14牌

イントロダクション

香港麻雀の目的はアガリの形を作ることです。アガリの形は、3枚1組(3枚1組は刻子と呼ばれる同じ種類の牌もしくは順子と呼ばれる数字の連続した牌)が4つと2枚組1つの合計14牌からできます。各プレイヤーは13牌から開始します。各プレイヤーは自分の順番が来たら14つ目の牌を取り、1つの牌を雀卓上に捨牌します。この時点で、他のプレイヤーはパスするか、面子を完成させるか(後述するポン、チー、もしくはカン)、もしくは勝利宣言(「ロン」)します。一番最初に14牌でアガリの形ができたプレイヤーが勝ちです。

詳細について各手順について説明します。

1. 席を決める(ゲームの配牌/座席の配置の部分は、自動的に行われます。

a.まず、4人のプレーヤーは、任意に仮の席に着きます

b.各プレーヤーが2つサイコロを振ります。サイコロの目の数が多かったプレーヤーが、“仮親(東)”となり、数が多かった順に反時計回りに、「仮南」「仮西」、「西」、そして「仮北」となります。

C:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\HK Special Hands\seats.gif

仮場は反時計回りに決定されることに注意してください。

c.次に「仮東」となったプレイヤーが4種類の風牌を混ぜ裏返してテーブルの上に一列に並べます。一列に並べた風牌の一方の端に奇数の数牌を、もう一方の端に偶数の数牌を表向きに置きます。

C:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\Richi 3 Player Mahjong\3 player special hands\mjb1.jpg.pngC:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\Riichi Special Hands\tile-back.gifC:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\Riichi Special Hands\tile-back.gifC:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\Riichi Special Hands\tile-back.gif

d.仮東はサイコロを2つ振り、自分を1として、出た目数の合計を仮東から反時計回りに数えます。その数だったプレイヤーが、出目の合計が偶数なら偶数側の風牌を、奇数なら奇数側の風牌を取ります。他の3人のプレイヤーも反時計回りに同じ側から牌を取っていきます。プレイヤーは自分が取った風牌の方角の席に座ります。

C:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\HK Special Hands\seats2.gif

e.最後に投げた目が偶数の場合、該当するプレイヤーが一列に並んだ牌から風牌を取っていきます。

C:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\Richi 3 Player Mahjong\3 player special hands\mjb1.jpg.pngC:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\Riichi Special Hands\tile-back.gifC:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\Riichi Special Hands\tile-back.gifC:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\Riichi Special Hands\tile-back.gif

f.他の3名のプレイヤーは反時計回りの順に最初のプレーヤーと同じ端から風牌を取っていきます。

C:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\Richi 3 Player Mahjong\3 player special hands\mjb1.jpg.png

g.これにより最初のポジションが決定されます。反時計回りの順に東、南、西、北(牌に書かれた漢字の順)に配置されているため、方位磁石の方角とは反対の方角になっています。

C:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\HK Special Hands\seats5.gif

配牌

a.花牌と赤牌を含めた144牌(もしくは花牌と赤牌を含めない136牌)を混ぜて裏向きにテーブルに置きます。そして各プレイヤーが36牌(もしくは花牌と赤牌をく場合は34牌)を選び、裏向けにした18牌(花牌と赤牌を除けば17牌)を二段重ねにして一列に並べます。    そして、これらの列を前に押し出し、真ん中が開いた状態の四角を作ります。

C:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\HK Special Hands\wall_s.gif

b.どの列から配牌を開始するかを決定するために、親(東)がサイコロを3つ振り、自分を1とし、反時計回りに壁牌の周りをサイコロの目の数だけ数えます(したがって、出目の合計が5,9,13,17であれば東、2,6,10,14,18であれば南、3,7,11,15であれば西、4,8,12,16であれば北、となります)。

C:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\HK Special Hands\seats6.gif

c.該当するプレイヤーの前にある列の右側から出目の合計の数を数えていきます。該当するプレイヤーは出目の合計の数を数えたらその次の牌を左に押しやるようにして列を分割します。開門場所から右側7つの牌山を王牌と呼びます; 開門場所から左の牌が牌山となります。14牌からなる王牌は、カンをした場合にツモられることになります(花牌と赤牌が使われる場合は、花牌と赤牌を含む)。王牌は、使用済みの補足された牌を予備の新しい牌と、山牌の端から、交換するための埋め合わせです。(ただ、補足された牌は、常に、王牌の左端から引かれます。)

C:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\HK Special Hands\wall1.gif

d.東は最初の2列(つまり4牌)を開門場所の左側から取って、その後南、西、北の順で2列ずつ取っていきます。これを更に2回繰り返し、各プレイヤーが12牌持つことになります。次に東は2牌を、南、西、北は1牌ずつ取ります。したがって親は14牌、他のプレイヤーは13牌持つことになります。

C:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\HK Special Hands\wall2.gif

各プレイヤーは2列ずつ(したがって一度に4牌ずつ)牌山から、東、南、西、北の順番一人手持ちが12牌になるまで取っていきます。親(東)は更にもう2牌取り、西、南、北は1牌ずつ取ります(図参照)。

C:\Users\phoon\Desktop\MJ Club stuff\HK Special Hands\wall3.gif

注意.上図に示されたように東が13番目と14番目の牌を取るのが最も一般的です(この2牌は同時に取られ、その後に南、西、北がそれぞれ最後の牌を取ります).2牌を取るときの音からチョンチョンと呼ばれています.

e.配牌に花牌もしくは赤牌が含まれている場合には、直ぐに宣言して(手牌の横に表向きに置きます)、王牌から1牌とります(東、南、西、北の順番)。ツモる過程で特別な牌を取った場合には、同様に牌を交換して補充します。もしプレーヤーがカンを手牌に隠していたら、花牌や赤牌を取ると同時に知らせることができます。

牌を引く

牌山から牌を引くことでゲームは開始されます。親(もしくは東)がテーブル中央に牌を表向きに捨てることでゲーム開始となります。南が捨牌、及びツモをして、西、北がこれに続きます。テーブルを反時計回りに周り、誰かの捨牌を誰かが要求しない限り、続けられます。その場合、順番は、捨牌を取ったプレーヤーに回されます。

ゲームプレイ

あるプレイヤーが捨てた牌で他のプレイヤーの手持ちの2つの牌が一組となる場合、他のプレイヤーは捨牌を自分のものにすることができます。しかし、こうすることによる欠点は、このプレイヤーは完成した組み合わせをを他のプレイヤーに対して開示しなければならず、その結果どのような手を狙っているのかのヒントを与えてしまいます。プレイヤーは下記の組を完成させるために捨牌を自分のものにすることができます:

1.順子-順子(チー)は3枚の種類と順序が揃っている組み合わせのことを言います。プレイヤーは「チー」と発言して他のプレイヤーが捨てた牌を取らなければなりません。チーはチーを宣言するプレイヤーの左に座るプレイヤーが捨てた牌に対してだけ有効です。チーの例はこちらです

2.刻子-刻子(ポン)は同じ牌が3枚揃っている組み合わせ。プレイヤーは「ポン」と発言して他のプレイヤーが捨てた牌を取らなければなりません。宣言したプレイヤーは完成した組を開示してから捨牌しなければなりません。次のプレイヤー(反時計回り)の順番になります。ポンの例はこちらです:

3.槓子-槓子は同じ牌が4枚揃っているものをいいます。槓子が捨牌によって成立した場合には、プレイヤーは成立した槓子を開示しなければなりません。更に、槓子は一度開示した後は再び分割することはできません。しかし、槓子が門前で成立している場合、プレイヤーは他のプレイヤーに対して槓子を開示する必要はありません。槓子を門前で成立させることによるメリットは4つの牌をバラバラに使うことができ、また必要に応じて一つの牌を順子に使うこともできることです。カンの例です:

いずれの場合にせよ、プレイヤーはこれまで通り牌山から一枚ツモり、一枚捨牌します。

注: プレーヤーは、捨牌で前に見せたポンを、槓子にするためにカンにすることは、出来ません。

さらに詳しいカンの詳細:

プレイヤーが牌山から引いた牌でカンを作ろうとする場合は槓子をテーブルの上で開示して、手牌の数を揃えるために王牌から一枚引いてから捨牌します。この場合、両端の牌は裏向けに置かれ真ん中二つの牌は表を向けて置かれることで、槓子が門前であるかのように示します。

プレイヤーがテーブル上にポンしており牌山から4枚目の牌を引いた場合、ポンをカンにすることができます。

4.対子-対子とは2枚の同じ牌の組合せです。ロンする以外は捨牌からとって作ることはできず、手牌では一組しか作ることはできません。対子の例です:

もし2人のプレイヤーが同時に捨牌を鳴いた場合どうするのか?優先順位があります。ロンがポン、カン、チーよりも優先します。

•ポン&カンの方が、チーよりも優先権があります。

•二人のプレイヤーが同時にロンを宣言した場合、打牌をしたプレーヤーの右に座る、プレーヤーが上がりとなります。

花牌

プレイヤーが花牌を引いた場合、直ぐに開示して王牌から他の牌を引いて交換しなくてはいけません。それにもかかわらず、ゲームの他のバリエーションには、プレーヤーが全部の花牌を手牌に持っていた場合、自動的にそのプレーヤーが勝者となります。

聴牌

上がるのにあと1枚牌が足らないプレーヤーの状態を聴牌(テンパイ)と言います。この状態のことをテンパるとも言います。

和了

プレーヤーが、全ての手牌を揃え、上がった場合、そのプレーヤーが和了者(勝者)となります。役は順子、刻子、または槓子、及び雀頭からなります。

香港麻雀では東(親)があがると、そのまま親を続けます。。さらに、誰も上がらなかった場合も席順はそのままです。。それ以外の場合、席順は反時計周りに移動するので、プレイヤーの右に座っている人が新たな親(東家)となります。

ラウンド(局)

香港麻雀には、4ラウンドあります:東、南、西、そして北ラウンド(局)。

1ラウンド内には、席順が次の通りに回転します:東、南、西、北(反時計回り)。これは、もし親が和了者の場合、または、誰も上がらなかった場合、もしくは、不正の手牌を晒した場合には、席順は、回転しません。このように、1回の香港麻雀ゲームには、16種類の手牌があることになります。

香港麻雀得点計算

基本的な得点計算:

和了 – 0翻

カン – 1翻追加

役に4組の順子 – 1翻追加

役に4組の刻子と/または槓子 – 2翻追加

風の彫刻が施されたドア –  1翻追加

自摸 – 1翻追加

妙手回春、海底撈月 – 1翻追加

開花バー –  1翻追加

手すりと – 1翻追加

手持ち4組の刻子、もしくは槓子 – 3翻追加

1組もしくは2組の三元牌の刻子もしくは槓子 – それぞれに1翻追加

2組の三元牌の刻子と三元牌の雀頭 – 4翻追加

風牌の刻子/槓子で門風牌 – 1翻追加

花牌/赤牌はなし – 1翻追加

花牌/赤牌が自席の風と合致している – それぞれに1翻追加

全ての花牌/赤牌の特別な色 – 2翻追加

ツモによるあがり – 1翻追加

翻計算

他の2人のプレイヤー(払う)(ツモあがりの場合は2倍)振り込んだプレイヤー(払う)捨て牌でツモあがり
01121+1+2=42+2+2=8
12242+2+4=84+4+4=12
24484+4+8=168+8+8=24
388168+8+16=3216+16+16=48
4, 5, 616163216+16+32=6432+32+32=96
7, 8, 932326432+32+64=12864+64+64=192
10かそれ以上64  64+64+128=256128+128+128=384

コメント;1点を何円にするかは任意で設定できます。

上記の採点方に加え、 成立させるのが難しい特別な役があり、特別ボーナスが加算されます。

  1. 全て— 16翻(のみサブインデックス、チーズまたはWAN紫できるカードの同様のセットで)
  2. 七対子 – 16翻 + 手牌(7つの対子)
  3. 四暗刻 – 64翻(4組の槓子、どのような組み合わせでもよい、門前、ツモあがり)
  4. 大三元 – 64翻(全ての三元牌で刻子もしくは槓子、順子・刻子・槓子、及び雀頭すべてを融合することができる)
                 
  5. 小喜和 – 64翻(3つの風牌での刻子もしくは槓子と残りの風牌で対子を含むあがりの形。鳴いてもよい
                
  6. 大喜和 – 64翻(4つの風牌での刻子もしくは槓子、と任意の雀頭)すべてを融合することができる)
                
  7. 字一色 – 64翻(三元牌もしくは風牌で4組の刻子もしくは槓子と1組の対子)すべてを融合することができる)
                
  8. 清老頭 – 64翻(老頭牌で4組の刻子もしくは槓子と1組の対子)すべてを融合することができる)
  9. 九蓮宝燈 – 64翻(同じ柄の牌で1が3つ、2,3,4,5,6,7,8,9の連続の一揃い、及び他の牌も同じ柄の牌)聴牌は門前の形(ロンは捨て牌でもよい)。カンは不可)
  10. 国士無双 – 64翻(全ての三元牌と風牌が1枚ずつと、全ての数牌の1と9が1枚ずつで、14枚目はそれらのうちのどれか1枚と同じ。聴牌は門前の形(ロンは捨て牌でもよい)。
  11. 四槓子 – 64翻(4つの槓子と雀頭)
  12. 緑一色 – 64翻(緑一色:索子の刻子もしくは槓子、及び緑発の刻子もしくは槓子)
  13. ルビードラゴン – 64翻(字牌のみでの刻子もしくは槓子、及び中の刻子)
  14. パールドラゴン – 64翻(筒子のみでの刻子もしくは槓子、及び白の刻子)
  15. 天和 – 64翻(親が配牌の時点でアガリ形になっている場合).基本的に、プレーヤーはすべての牌が配布された後、すべての牌をその場に置いています。麻雀は、牌を引き出すプレーヤーがいなくてもすぐに開始されます。
  16. 地和 – 64翻(子が親の最初の捨て牌でアガリの形になる場合。基本的にはプレイヤーは(1枚を除く)全ての牌を配牌時に持っていなければならない。地和は、プレーヤーがチー、ポンの宣言があるとなくなります。
  17. Thirteen unrelated- 64 points (all tiles are not related, 3 tiles in each suit and with any pair, need to contain 5 tiles of winds or dragons)
          
  18. Forteen unrelated- 64 points (all tiles are not related, 3 tiles in each suit and no any pair, need to contain 5 tiles of winds or dragons)
             
  19. All unrelated – 64 points (One of each Dragon and Wind, contain any 147, 258, 369 in any suit)